自然災害と保証内容について

自動車保険は、急な自然災害で車に万一のことがあった場合にも補償してくれます。対応可能な災害は台風やひょう、風、雪などです。
例えば台風で川が増水し洪水が発生、車がエンジンルームまで水浸しになってしまい、動かなくなってしまった場合、保険金の請求が可能です。これは車両保険で賄うことができ、そのほかにも集中豪雨や高潮などで被害を被ったときも対応してくれます。ほかにもひょうでフロントガラスが割れてしまった、屋根から落ちてきた雪で車が潰されてしまったなどの場合も保険金が支払われます。
気を付けたいのは、保険金が支払われない災害です。保険金が支払われない災害の代表例として、地震と火山があります。これらの場合に保険金が支払われない理由は、あまりに多くの保険金の支払事由が発生し、保険料と保険金の収支相当のバランスが大きく崩れてしまうためです。
同じ水害でも地震によって起こった津波で、保険金が支払われないのはこのためです。もしこれらの災害があったときに保険金を受け取りたいのであれば、保険金が貰えるようにする特約を付加する必要があります。これは用意している会社と用意していない会社がありますが、2011年の東日本大震災以降注目され、付加する人も増えています。

コメントは受け付けていません。