一般タイプとエコノミータイプの違いについて

自動車保険の車両保険は、自分の車が損害を受けた時に補償を受けることができる保険です。主に2種類あり、補償範囲が広く保険料は高めですが、さまざまな損害に適用できる一般タイプの車両保険と、補償範囲は限定されますが、保険料が安くなるエコノミータイプです。これらの保険の違いを補償内容で比較してみると、どちらの保険でも対象となる補償は次のとおりです。
まず、車同士による事故、そして盗難や、キズをつけられるなどの悪戯、台風や洪水、高潮といった自然災害や、火災・爆発などです。また、飛び石などによる損害も補償されます。ただしエコノミーの場合はさらに2種類に分かれ、エコノミー特約(車対車+A)でなければ補償内容が異なるため注意が必要です。
一般車両保険は、これらに自損事故や当て逃げも加わります。エコノミー車両保険では補償されていない、単独で事故を起こした場合や、相手が特定できない損害もカバーしています。
どちらの保険か迷っているなら、自分の車の年式や車種が主な目安となります。古い車ならば、修理するより買い換えた方が良い場合もありますが、車が新しいうちなら修理する方が費用を抑えることができます。特に、新車や高級車なら一般車両保険の方が安心できると言えます。

コメントは受け付けていません。