ダウン事故とノーカウント事故とは

ダウン事故とは保険を使い、等級というものが下がってしまう事故のことです。3等級と1等級ダウンする事故があります。この等級とはノンフリート等級という制度からなるものです。ノンフリート等級とは前年度の事故の有無などから1から20までの等級に定められ、これにより保険料の割引や割増がされる制度です。上の等級になるほど割引が大きくなります。事故を起こさなかった場合には翌年ひとつ等級が上がります。
この等級が3つダウンしてしまう事故は、人と接触して怪我などさせてしまった場合や他の自動車とぶつかって傷つけてしまった場合などに当てはまります。1等級とノーカウント事故に当てはまらない事故はこの3等級ダウンする事故になります。
等級が1つダウンしてしまう事故は、台風や洪水といった自然災害や石などの落下物との衝突といったものが当てはまります。他にも自動車の盗難や落書きといったいたずらなどの場合にも適応されます。
ノーカウント事故とは保険を使用してもこの等級がダウンすることない事故のことです。事故を起こさなかった場合と同じように翌年に等級がひとつ上がることになります。搭乗者傷害保険、人身傷害保険、弁護士費用特約、無保険車傷害特約といったものが当てはまります。

コメントは受け付けていません。